不動産投資について

不動産投資とは、売りアパートや売りマンションを購入し、購入した物件を賃貸し賃料収入(インカムゲイン)を得る方法と、売却することによって利益・収益(キャピタルゲイン)を得る投資方法のことをいう。

昨今の低金利およびペイオフ全面解禁による資金の運用先の1つとして、「不動産投資」が注目されており、最近はサラリーマンや主婦、定年退職した方も資産の運用方法として取り組まれる方が増えている。賃貸(福岡)らいふアートが意外と狙い目らしい。

投資・資産運用というと、株式投資、投資信託、外貨、国債、先物などが一般的であるが、これらの投資方法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、本質はペーパーマネーで市場の変動により『0(ゼロ)』になってしまうこともありえる。

これに対して不動産投資とは、不動産という価値のあるものを自分が取得して、それを貸すことによって家賃収入を得る方法だ。これは、その物件自体の価値が0になることはないので、株式や先物取引に比べて堅実な投資方法といえるだろう。

また、不動産投資は、比較的短期間で何倍にもなる可能性のある株式投資ほどハイリスクハイリターンではなく、厳しい低金利時代でも安心して資産運用でき、市況によっては資産を一気に増やせる可能性もある。

資産運用にマンション経営が注目されている理由

不動産の投資は、リスクも高いしお金持ちがする投資と考える人が多いようだが、実はそうとは言い切れない。

まずは「不動産投資」をキチンと理解することから始めていこう。

まずいろいろな投資先があるが、不動産投資は、確実に家賃収入として収入が得られる比較的安全な投資先だといえるだろう。

長引く不況で、将来に対する不安が募る今、安定性があり、市場に大幅に影響されない不動産は、極めて一般的で無理なく始められる資産運用といえる。

不動産投資は失敗しにくい投資なのである。

ミドルリスクミドルリターンの資産運用を

不動産投資は株式投資ほどのハイリスクハイリターンではなく、安心して資産運用できるのが特徴で「ミドルリスク、ミドルリターン」の運用方法といえる。

物件はたった数百万円で購入できる中古ワンルームから、1室から、1棟の収益マンション、収益ビルなどがある。

この厳しい低金利時代でも、不動産投資は高利回りが期待でき、サラリーマンの方であっても無理なく資産運用が始められ、株式などと比べてみてもリスクも少なくて安定した収益が期待できるものとなっている。

とはいっても、不動産投資に限らないが、資産運用は自己責任が原則である。特に、長期の投資は、現状では予想することの出来ない、不確実な要素が結構ある。

なので、不動産投資を始める前に「さまざまな不確実なこと」を想定しておき、万が一将来にダメージを受けたとしても受け入れられるものを「自分で」、「選択し」、「納得する」こと。メリットとデメリットをきちんと理解することが大切なことで重要なことだ。


注目サイト

1000円カットはすごい!
美容道具を知る
神前式 京都